インプラントって?

投稿者:

奥歯を歯周病で抜いたのはいいけど、歯医者さんからインプラントしたほうがいいって言われた。

でも、インプラントって料金が高い。

そもそもインプラントってなに?

どんな問題がインプラント治療にあるかをイロイロな情報媒体から調べているはずですが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。それは気にしないで頂戴。
磁気を当てて画像を創るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできるのです。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。
今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。

麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。

 

術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できな幾らいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

年々利用者が増えてきたインプラント。

 

その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を創る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠といっても過言ではありません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。